法然上人第五番霊場二階堂


第四代座主証如上人によって建立されたお堂で、その縁によって鎌倉期に法然上人も四年間止住され念仏三味に入られた。この時善導大師の夢のお告げにより、法然上人は浄土宗本基の戒を授かられた。その時の両祖対面の尊影を映した壁板が二階堂の御本尊となっている。

勝運ダルマ ご納骨 知恵の環 フォトギャラリー 動画「勝尾寺縁起」 動画「語り」