八万坪の境内に一歩足を踏み入れれば、

大自然の気を頂き、水の浄化、供養のやすらぎ、

希望に向かって進む祈願の寺

全山を染める色とりどりの紅葉 全山を染める色とりどりの紅葉

癒やしの紅葉

毎年11月の初旬になると勝尾寺や周辺の山々に紅葉シーズンが訪れます。山門をくぐり眼前に広がる八万坪の境内は赤や黄色に彩られ、さながら一幅の絵画の様です。

モミジの赤は屛風のような深い山の緑を後ろに配するからこそ美しくひき立たされるのです。広大な境内にい織り成す自然の美しさには、 ただただ息を呑むばかりです。

このてらいの無い大自然に、自分自身が包み込まれている事を体感できるのではないでしょうか。

勝尾寺ならではの荘厳な静けさに紅葉の絶景が解け合う様は、まさに深い癒しの空間。喧噪とは無縁のこの空間は心の泡立ちを消し、 深々と吸込んだ空気が心の芯まで清浄にする事でしょう。

山門から見上げる8万坪の境内と本堂や二階堂へ向かう参道を覆う紅葉のトンネルが、人気の鑑賞スポットです。

全山を彩る紅葉は、日暮れとともにライトアップされ、その幻想的な景色はまるで水面に落とした絵の具の様です。

また、観音池台地から多宝塔を見上げた風景など、勝尾寺には紅葉の絶景スポットが溢れています。

絵になるパワースポットが多い為か、勝尾寺には全国から大勢の紅葉ファンが訪れます。

歴史と光が
響き合う、
神仏の世界へ。