境内マップ

 境内マップ
地図をダウンロード
  • 1 山門
    山門

    慶長8年(1603年)に豊臣秀頼によって再建されました。紅葉シーズンにはライトアップされ、幻想的な風景が広がります。

  • 2 お清め橋と霧
    お清め橋と霧

    橋を渡るとそこは仏さまのお庭=境内です。橋を渡る際にはお清めの霧を浴び、厄を落とし、身を清めてから境内にお入り下さい。

  • 3 知恵の環
    知恵の環

    本堂、諸堂をお参りし、そのご加護を頂かれてから、この知恵の環を歩いてみて下さい。すると心は一層穏やかに、そして晴れやかに。湧き出る力や良い知恵を頂けるでしょう。
    ① 入口よりゆっくりと右回りに7周。中心点まで歩く。
    ② 中心点より逆周りに7周。入口に戻る。
    ③ 時間があれば周りの石に座って瞑想するもよし。

  • 4 一願不動堂
    一願不動堂

    お不動さまには人の悪を懲らしめ、人を善に導くお役目があります。また、このお不動さまは一つの願い事のみを叶える不動明王として古くから信仰されてきました。一願とは、一つのお願い事を一心に念じる事です。

  • 5 勝ちダルマ奉納棚
    勝ちダルマ奉納棚

    願いが叶った勝ちダルマを奉納する場所。黙して語らずの勝ちダルマですが、その一体一体にそれぞれの物語が秘められています。

  • 6 手水鉢
    手水鉢

    三宝荒神社にお参りする前にこちらで手と口をお清め下さい。
    ① 右手で柄杓を持って水を汲みます。
    ②左手に水を掛け清めます。
    ③柄杓を持ち替えて右手を清めます。
    ④左手に水を少し溜めて口をゆすぎ清めます。
    ⑤口がついた左手を清めます。
    ⑥柄杓を垂直に立てるようにして柄杓の持ち手を洗い清めます。

  • 7 厄ばらい三宝荒神社
    厄ばらい三宝荒神社

    日本最初の荒神社。勝尾寺の荒神さまは、日本で最古の荒神さまです。千三百年前、勝尾寺の初代住職が瞑想中にこの仏を感得したのが始まりで「厄を祓う」「難を祓う」荒神さまとして、その威神力は絶大。日本全国より参拝者の絶えない有名な荒神さまです。神前で鈴を鳴らし心を込めて手を合わせて下さい。

  • 8 鎮守堂
    鎮守堂

    この土地を鎮め守る神が祀られています。

  • 9 開山堂
    開山堂

    約1300年前にこの地で草庵を構え修行をされた『善仲と善算』、勝尾寺の前身である弥勒寺を創建された『開成皇子』の木像がそれぞれ安置されています。

  • 10 水掛け観音堂
    水掛け観音堂

    水掛け観音さまが安置されています。このお堂はご先祖や亡きあの人、あの子の供養の場です。お水をかけてお参りください。

  • 11 大師堂(四国八十八カ所お砂踏み)
    大師堂(四国八十八カ所お砂踏み)

    お堂の中央に弘法大師(空海)を祀り、ゆかりの深い四国八十八ヶ所のお砂踏みができます。お砂を踏む事により各霊場にお参りした事と同じ功徳が与えられるといわれています。「南無大師遍照金剛」とお唱えしながら有り難く(感謝しながら)丁寧にお砂を踏みしめて、お大師さまのご加護を頂きましょう。

  • 12 授与所
    授与所

    勝ちダルマやお守り、お念珠、ダルマみくじなどのお授け所。1300年念じ込まれてきた勝尾寺本堂にてそれぞれ祈願されています。全てご自身でお選びください。必ず本堂にお参りいただきご本尊にご挨拶して下さい。

  • 13 勝ちダルマ願い事記入場所
    勝ちダルマ願い事記入場所

    授与所にてお授かりになられた勝ちダルマはこちらにお持ちいただき目入れ作法を行って下さい。

  • 14 本堂
    本堂

    ご本尊十一面千手観世音菩薩さまが祀られています。1300年の昔から絶えず念じ込まれ続けてきた本堂では1年365日お経が止むことはありません。境内に響き渡るお経を聞きながら、霊山の空気を体いっぱい取り込み、心穏やかにお参り下さい。

  • 15 鐘つき堂
    鐘つき堂

    厄除けの鐘です。どなたさまもご自由に打っていただけます。

  • 16 不動堂
    不動堂

    不動明王を祀っています。怒りの相を表し右手に剣、左手に縄を持ち火炎を背にして座って居られ、密教では大日如来の化現と言われています。衆生を脅しつつ怒りつつ安寧に導こうとするところから忿怒の形が多い。善から悪まで人間の為すことを全て一通り肯定し、その上で全ての人々を救おうという密教の教義から来ています。

  • 17 納経所
    納経所

    勝運祈願、勝ちダルマ祈願、水子、先祖、ペット供養などの申込受付所です。納経やご朱印(西国三十三所、法然上人二十五霊場など)も受付けております。

  • 18 法然上人第五番霊場 納骨堂
    法然上人第五番霊場 納骨堂

    第四第座主証如上人によって建立されたお堂。鎌倉期に法然上人が4年間とどまられ、念仏三昧に入られました。後に善導大師の夢のお告げにより浄土宗本基の戒を授かられ、その時に壁板に浮かび上がった二祖の尊影が二階堂のご本尊となります。法然上人第五番霊場です。

  • 19 多宝塔
    多宝塔

    大日如来像を祀っています。

  • 20 弁天堂
    弁天堂

    勝尾寺の弁財天さまは、知恵を与え、学問や芸能、音楽の才能を開花させる神さまとして古くから信仰されています。弁財天さまはインドの女神(水を守る神)で、別名サラスヴァ-ティーといい水の流れる音が紗なる音として聞こえてくるので紗音天や音楽天とも訳されます。インドから仏教と共に渡来されたと言われ神道の神と一体となり神でも有り仏でもあります。音楽や芸能を目指す人は、勝尾寺境内を流れる水の音を感じながらお参り下さい。

  • 21 鯉のエサやり場
    鯉のエサやり場

    弁天池に住むたくさんの鯉にエサをあげることができます。大きな鯉とのふれあいが楽しめます。※冬の間は冬眠のためエサやりはお休みします。

  • 22 お休み処 花の茶屋
    お休み処 花の茶屋

    広い境内が見渡せる憩いの場「花の茶屋」。喫茶のほか、参拝記念品や土産物などの販売スペースも設置しています。

  • 23 勝尾寺霊苑
    勝尾寺霊苑

    全区画南向きに位置し大阪平野が一望できます。美しい花々や小鳥のさえずりが織り成す空間は、この世で見ることができる極楽浄土のようです。

  • 24 宿坊 応頂閣
    宿坊 応頂閣

    135畳の写経道場(大ホール)から大小研修室、各個室を完備。会社研修からお泊り保育など、様々な用途に利用いただけます。