成功を祈る祈願、亡き方を想うご供養

ご供養

亡き方のお命日や春秋の彼岸、夏のお盆はもちろんの事、亡き方を想う時ココロを込めてご供養いたしましょう。また、家族の一員だったペットや大切にしていたお人形のご供養も毎日行っております。

水子供養

あの子にとっての両親は、これからもずっとあなたたちだけですあの子と向き合い、語りかけ、やすらかな眠りを祈り続ける。この世に生まれてこれなかったあの子に、親としての愛情を注いであげてください。
あの子を産んであげられない理由には大きく3つあります。それは「中絶」「流産」「死産」です。
胎内でお別れしなければいけなかった理由はそれぞれ異なりますが、今のあなたたちがしてあげられる事は「忘れていないよ」「いつも思っているよ」と伝える事、そしてあの子がやすらぎと幸せを得るまで祈り続ける事です。あの世に旅立ったとしても、親の愛情をしっかりと注いであげましょう。それが水子供養という行いなのです。

先祖供養

すべての人はそれぞれの父母から命を授かりました。そしてその父母もまた父母から命を授かり、 このご縁はご先祖さままで続きます。
自身の原点であるご先祖さまに感謝の心を届けましょう。それが先祖供養です。
ご先祖さまの存在なくして、あなたの存在は考えられません。すなわち、自身の原点に対して感謝の気持ちを届けることは人間として与えられた使命ではないでしょうか。 先祖供養とはご先祖さまに感謝をお伝えする行為の事。ご先祖さまに養分をお供えすると書きますが、それは、自分自身に栄養を与える事と同じ事なのです。心を込めてご先祖さまをご供養すれば、やがて、あなたの人生も豊かになることでしょう。

人形供養

大切にしていた人形には魂が宿っています。最後に感謝の気持ちをお伝えして、一心にご供養致しましょう。

令和3年 年忌表

一周忌三周忌七周忌十三周忌十七周忌二十三周忌二十七周忌三十三周忌五十周忌
令和2年没令和元年没平成27年没平成21年没平成17年没平成11年没平成7年没平成元年没昭和47年没
※横スクロールにて御覧ください。

ご供養について

ご供養料

一時供養料五千円
一ヶ月供養料一万円
三ヶ月供養料三万円
六ヶ月供養料五万円
一ヶ年供養料十万円

お申し込みは 本堂横【総合受付所】にて
お受けしております。

お電話でのお問い合わせ

TEL:072-721-7010

(受付時間:9時00分~16時00分)

お時間

ご祈祷・ご供養の予約は不要です。当日、総合受付所にてお申込みください。
ご祈祷・ご供養は下記締切時間の10分後を目処に開始します。

※特別行事、特別法要等がある場合、下記時間帯が変更される事があります。あしからずご了承下さい。

大晦日~2月28日のご供養はこちら